Visual notes : Barbara Hepworth | バーバラ・ヘップワース


Barbar hepworthThe complete sculpture of Barbara Hepworth 1960-69 by Alan Bowness (1971) p.80-81

イギリスの現代彫刻家バーバラ・ヘップワースは、1903年イギリスのウェスト・ヨークシャー州に誕生した、モダニズム彫刻の先駆者として知られている芸術家。

ヘップワースの作品は、自然の情景を、人間のフォルムのように造形しており、そこにロマンチックな魅力を感じます。大理石、木材、ブロンズ、異なる素材を扱いながらも、どの作品も曲線が優美でとても繊細に描かれています。彼女の作品に度々見られる貫通した穴は、作品に透き通りを感じさせるだけなく、周囲との調和を効果的に表現しており、観ていると穏やかな気持ちにさせてくれます。

そんな彼女の作品が収められた本、”Barbara Hepwoth 1960-69”(1971)は、何度も読み返したくなる私の愛読書であり、その自然の空気や繊細さを、CALL MOONの表現法にも反映しています。 

彫刻家に影響を受けた作品

Figure (Merryn) 1962.p.40

 Mau ring, Barbara necklace

バーバラヘップワースに影響された彫刻的なジュエリー

 Three forms 1968-9. p.197 / Two forms pieced1961-2. p.45

Oboro ring, Caju earrings

 

彫刻的なジュエリー  

Mau ring, Moon bracelet 

   

Barbara Hepworth in the Palais de la Danse studio

Barbara Hepworth in the Palais de la Danse studio, Hollow Form with White Interior, 1963


コメントを残す / Leave a comment